日々、綴り 

現在ほぼ艦これ。たまに雑記。

Category: 映画鑑賞

[映画] 図書館戦争 

2013/05/16 Thu.

★★★★☆(4.5)

先日、3本立て続けに見てきたうちの1本目です。


図書館の自由に関する宣言
一、図書館は資料収集の自由を有する。
二、図書館は資料提供の自由を有する。
三、図書館は利用者の秘密を守る。
四、図書館はすべての不当な検閲に反対する。
図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。

昭和が終わり「正化」となった時代。
正化31年、あらゆるメディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた日本。
公序良俗を乱す表現を取り締まるために、良化隊による武力も厭わない検閲が正当化されていた。
それに対抗する唯一の組織、図書館の自衛組織「図書隊」に笠原郁(榮倉奈々)が入隊する。
かつて自分を助けてくれた顔も名前もわからない図書隊員の"王子様"への憧れを背負って。



「図書館の自由に関する宣言」は実際に存在する宣言です。(四の"不当な"というのは除く)
この作品を読まなければ知らなかったでしょうし、なんとなく感慨深いですね。

「阪急電車」「フリーター、家を買う。」などの著者、有川浩氏の同名小説の映画化。
数年前にアニメ化済、コミカライズ版は現在も出版中です。
去年は劇場版アニメにもなりましたねー
テレビ放送が終わって何年か経つのに今更?と思っていたけど、実写化の関係ですかね?

郁のドロップキックを受けての反撃の腕挫ぎは、原作通りの素晴らしい流れでした。
映像で見るとあの決まり方はエグイな。

基本的なストーリーは原作の主要な話を抜き出した感じ。
大きな破綻もなく、きれいにまとまっていると思いましたが、
エンターテインメント性を全面に出す為か、アクションシーンが多めの作りになっていました。

大きな見所は歴史資料館の攻防戦と指令(と郁)誘拐。
ひたすら銃撃戦が繰り返される攻防戦は一体何の戦争映画だと錯覚しそうになる。
ヘタな映画もビックリの火薬の使用量ですよ?
ただ生々しいやり取りだった原作の"落としどころ"を使用せず、誘拐による放棄としたのは少しだけ違和感。
正義の味方を肯定している訳じゃないだろうが、あのシーンは入れて欲しかったなと思いました。

その後に繰り広げられた指令奪還。
特に戦闘もなく見開き2ページで終わったシーンが、とんでもないアクションに変貌。
堂上教官…?いや…井上薫…?
と、どこのSPだよと言わんばかりでした。格好良いー!

*******

キャストに関してはほぼ完璧!
主演の岡田准一氏、榮倉奈々氏は「ダ・ヴィンチ」のキャスティングアンケートで1位になったお二人なので、なんとなく納得。
榮倉さんは身長もあるし、しごかれて本気で悔しそうな姿が印象的でした。
ご本人的に運動は苦手だそうですが、必死に食らいついてた感じ。
まぁ…女子高生姿がまったく女子高生に見えなくて焦ったのは内緒な

岡田クンは文句なし!
武術のインストラクター資格も持ってるしで、よく動く動く。
あと基本的に仏頂面な役柄だからこそ、稀に出る笑顔がたまんねぇな。
ナチュラルに頭くしゃくしゃーとか、破壊力がハンパないお人で御座いました。
ワイシャツにスラックスの制服姿が……あの腰にかけてのラインとかかなりヤバかった。悶死する。

あとは稲峰指令(原作では)か…
配役は故・児玉清氏。
映画では日野図書館の館長として、すでに亡くなっておられました。
有川先生がたったひとつの注文として「稲峰は出さないで」とお願いしたそうです。
原作で唯一、明確なモデルがあった人物で、ご本人と対談もされているので思い入れが強いのでしょう。
でもその存在がなかった事にならず、重要な人物として出演されていたので本当に嬉しかった。
稲峰の思いを継いだ仁科指令(石坂浩二)はさらに強靭な意志の持ち主に見えた。

*******

総じてレベルの高い実写化でした。時間があれば、もう2、3回見に行ってもいいくらい。
ただまぁアクション寄りの作品になっているため、
細かい事情などは置き去りの力押し!な感じも否めませんでしたがね…

続編もあれば嬉しいです。
今回は脇役に徹した小牧(田中圭)メインの話も見たいですし。難しい話になるけどね。

最後に。
最も萌えたポイントは、郁が手塚に分からない所が聞きづらくて堂上に頼る所。
笠原が堂上を見つけたとき、本を棚に並べていたのですが、それはもう一冊一冊、丁寧に置いているのです。
本の背をなぞる指が優しくてドキドキした。
異論は認めない。


図書館戦争/有川浩
文庫版。別冊Ⅱまで発売済み。アニメDVD特典だった描き下しも収録されています。
ハードカバー版も持ってますが、持ち運びに便利なので購入。

図書館戦争 LOVE&WAR11/原:有川浩、絵:弓きいろ
「図書館危機」までのストーリーが終了。玄田隊長カッケーよ。
残すは内乱のみとなり、長くてもあと4冊くらいかな。


web拍手 by FC2
映画鑑賞の関連記事

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rosetta02.blog123.fc2.com/tb.php/1277-999b44da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10